統括管理室、法人事務局とは

統括管理室とは

今後の経営計画の策定にあたっての法人事業の総合調整や、現指定管理施設の将来方向をにらんだ「次世代経営プロジェクト」の進行や神奈川県との重要課題に係る調整など、法人全体(四施設(秦野精華園、厚木精華園、愛名やまゆり園、津久井やまゆり園)及び法人事務局)の業務統括、総合調整を行っている。

法人事務局とは

法人活動の要として四施設(秦野精華園、厚木精華園、愛名やまゆり園、津久井やまゆり園)の運営調整や理事会・評議員会の開催、職員の人事管理や研修を中心に取り組んでいる。
また、法人の中長期計画推進役としての進行管理を行っている。

法人事務局の組織と仕事内容について

総務部

総務課
  • 理事会や評議員会の開催に向けての運営全般に関すること。
  • 定款や諸規程等の制定と改廃に関すること。
  • 法人全体の財務を統括し、予算から決算に関する編成と執行。
  • 役員や職員の給与や旅費に関すること。

人材企画部

人事課
  • 法人職員の採用から人事全般に関すること。
  • 就業規則や人事考課に関すること。
  • 職員定数の管理に関すること。
  • 職員の表彰と懲罰に関すること。
企画研修課
  • 法人事業の企画と研修に関すること。
  • 法人の中長期計画に関すること。
  • 法人全体の支援部に関わる調査研究について。
  • 法人研修の企画と研修に関わる立案と実施について。
  • 行政施策および他の社会福祉法人の調査や研究に関すること。
  • 個人情報と情報公開に関すること。(法人ネットワークについても含む)

ページトップ